BLOGブログ

2018年05月14日

足部・足趾の痛み

ブログ

皆様こんにちは^^昨日の芦屋は珍しくすごい雨が降りましたね!!今週は昨日とうってかわって気温が30度近くまで上がり、真夏日の暑さになるみたいです(゜o゜)!!水分補給を小まめに取りながら体調を崩さないように、気を付けてお過ごし下さいね(^_^)!さて、今回は足の痛みについて紹介していきます!!

足の痛みは、命にかかわるようなものでなくても、歩行に支障が出るため日常生活に大きな影響を及ぼします。足部足趾に痛みが出る外傷や病気には、マラソン選手などに多い中足骨の疲労骨折、女性に多い外反母趾モートン病、中高年男性に多い痛風などがあります。(女性は外反母趾、男性は痛風が多い)

<主な外傷・病気と特徴>

主な外傷・病気と特徴は以下の通りです。

●中足骨疲労骨折

マラソンなどで、足のアーチをつくる中足骨に繰り返し衝撃が加わることで疲労骨折を起こし、足の甲痛みが生じます。第2・3中足骨に多いです。

激痛でない場合、骨折と気づかないこともあります。



●外反母趾

母趾が外側に強く曲がってしまい(外反)、歩行時に母趾の付け根の突出部が靴に当たって痛みます。ひどくなると靴を履かなくても痛むようになります。偏平足の傾向や、先の細い靴を履くことなどが要因になり、女性に多いです。



●モートン病

ハイヒールを長時間履いていたり、かかとを上げてつま先立ちをするような姿勢を続けることで、中足趾節関節の部分で神経が圧迫され、しびれ痛みなどが起こります。



●痛風

高尿酸血症があり、血中尿酸が関節部で結晶をつくると、それを免疫が異物として攻撃して炎症を起こします。痛みは激痛で、発作的に起こります(痛風発作)。特に母趾の付け根に起こることが多く、圧倒的に男性に多いです。



今回紹介した症状は、普段からケアすることで未然に防ぐことができます。最近よく見かけるのは、偏平足になっている方を多く見かけます。偏平足になると、足のアーチが崩れ外反母趾モートン病になりやすかったり、足が疲れやすかったりなど、様々な症状を引き起こしてしまいます。足のアーチをつくり偏平足を治すことで、これらの症状を改善していけるので、アーチをつくる為の治療ストレッチトレーニングをしていく事をお勧めします。

これらの症状でお困りの方は是非当院へお越しください!!

お電話お待ちしております!

JR芦屋駅近く、くろき鍼灸整骨院

TEL0797-69-6663

 

 
くろき鍼灸整骨院

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

0797-69-6663