BLOGブログ

2018年03月16日

肩こりについて。

ブログ

皆様こんにちは^^最近の芦屋は季節の変わり目で寒暖の差が激しく体調も崩しやすいですが、規則正しい生活を心がけ身体のメンテナンスもしっかりしていきましょう(^O^)/今回は姿勢のバランスが崩れることによって起こる肩の痛み肩こりについて紹介していこうと思います!

なぜ、肩がこるのか?

肩こりの症状は人によって様々ですが、原因は必ずあります。今回は肩の痛みをそれぞれの部位に分けてコリが発症するしくみを紹介していきます。

<肩から首にかけてのコリが発症するしくみ>

その原因の一つに考えられるのが姿勢です。

例えばデスクワークなど猫背気味の姿勢になると、頭の位置が前に出てしまいからの筋肉を過度に使ってしまうため筋肉が緊張して硬くなってしまいます。



その他にも下を向いて作業をする事が多かったり、読書スマホを見る姿勢が首に過度な負担をかけることになります。この姿勢が長時間続いたりすると首の痛み肩の痛みにつながります。

読書やスマホを見るときはなるべく長時間続かないように小まめに休憩を取りながらすることをおすすめします。

<上背部中央のコリが発症するしくみ>

首の付け根から肩甲骨の間までの上背部のコリ肩甲骨の位置が密接に関係してきます。



例えば肩甲骨が外に開いた状態が続いてしまうと肩甲骨の間にある背中の筋肉が緊張してしまい、首の付け根から肩甲骨の間の上背部に痛みが生じます。



肩甲骨が外側に開く原因としては、背中を丸めた猫背の姿勢での作業が考えられます。

イスに座った状態は、背筋を伸ばす脊柱起立筋脱力して猫背になりやすいです。

猫背になると肩甲骨が開いてしまうため、肩甲骨の動きに働く上背部の筋肉が緊張します。

<正しい姿勢>

本来の正しい姿勢というのは背すじが伸びS字状にカーブした脊柱に頭部がバランスよく乗って肩甲骨も開いていない状態が理想の姿勢と言えます。



カーブした脊柱に頭部がバランスよく乗っている状態が一番首から肩にかけての負担が少なくなります。また、背すじが伸びた姿勢で肩甲骨も開いていない状態になると肩甲骨が適正な位置にあるため上背部の負担は少なくなります。これらの状態ををキープできるように普段から心がけてみて下さい。

また、筋肉が固まってしまうと関節の動きも悪くなってしまうため、自分ではなかなか姿勢が伸ばしにくかったりします。骨盤矯正整体治療で筋肉の緊張をとりながら身体のバランスを整えていく正しい姿勢がとりやすくなります。

肩の痛み首の痛み身体のバランスが気になる方は是非芦屋のくろき鍼灸整骨院へお越し下さい!!

お電話お待ちしております!

JR芦屋駅近く、くろき鍼灸整骨院

TEL0797-69-6663

 
くろき鍼灸整骨院

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

0797-69-6663